テキスタイルデザイン 「シルクスクリーン実習」

2016年1月13日

 

マイスターレッツコース、ファッション&ビューティコース1回生の合同授業である

「テキスタイルデザイン」でシルクスクリーン実習をしました! 

 

それぞれがパソコンで版の元となるデザインデータを作成、製版し、

トートバックやTシャツ、布などに刷る作業を行いました。

ドローイングしたり、写真を加工したり、様々な方法で自分がデザインした通りの仕上がりに印刷することができました!

 

今までObraの商品などで、グループワークとして取り組んでいたこともあるシルクスクリーンですが、

すべての工程を実践するのは初めてのことであり、作業工程を熱心に学んでいる様子でした。

 

今回は好きなモチーフを印刷するだけではなく、

この授業で学んだテキスタイルの「送り」という柄の繰り返しによるパターンを活かし、

柄の継ぎ目やバランスを考えて布に配置している学生も。

仕上がったオリジナルの布でがま口などの小物や、バックを制作する予定だと話してくれました!

ものづくりのコースとして、自分の作品を生地から制作できる楽しさを見出してくれたようです。

 

作業中の様子。 一枚ずつ丁寧に刷っていきます。
柄の組み合わせを微調整! 無事に完成!
お気に入りの生地にパターン配置した作品 手描きのデザインです!

京芸デ イベント年間日程