授業紹介 制作演習

2018年7月5日

インテリアデザインコースには、「コーディネート専攻」「デザイン専攻」「雑貨・家具専攻」という3つの専攻があります。

1回生前期が終了する時に自分が進みたい専攻を選択し、より専門的な学習が始まります。

 

今回は、雑貨・家具専攻2回生の授業「制作演習」の様子を紹介いたします!

 

学生たちが今取り組んでいるのは、「座る」をテーマにした作品の制作です。

最初にコンセプト(作品の意図・テーマ)を決めてデザインしますが、デザインはすぐに決まるものではなく、何週もかけて構想を練ります。デザインが固まったら、材料を選定して制作開始!前期の最終授業で作品を提出します。

 

写真で紹介するのは、制作真っただ中の授業風景です。

さすが1回生の頃から木工の制作をしてきただけあって、工具や木工機械の扱いにもずいぶん慣れているようです。

しかし制作の難度も高くなっているので、行き詰まりそうになる事も。そんな時は先生がサポートします。

 

少しずつ、スツールのような形が見えてきた学生もいます。どのような作品ができあがるのでしょうか。

完成後の報告もお楽しみに!

木材の種類や、組み立てに必要な部品は様々。先生に質問しています。 木工室の機械で作業中。
切り出した部材を丁寧にやすり掛けしています。 難しい円形の座面に挑戦!

京芸デ イベント年間日程