多彩なイラスト表現のテクニックを学び、グラフィックデザインに展開する。

イラストレーターの活動領域は、紙面上はもちろん、テレビやコンピュータなどの電子メディア、ショーウィンドウなどのデザインにまで広がります。この専攻では、グラフィックデザインとの関連性を十分に意識したうえで、イラストの多彩な表現方法を探求。紙上での訓練はもちろん、コンピュータを用いた制作も積極的に展開します。目標は、「自作のイラストを組み込んでデザインする」といった広がりある表現ができるイラストレーターです。

イラストレーション専攻

めざす職業

  • イラストレーター

    独自の世界を追求する画家とは違い、クライアント(依頼主)の要望に応じたイラストを作成する仕事であることから、センス・技術とともにコミュニケーション能力も問われます。活躍領域は、出版・広告のフィールド全般。かつては手描きのイラストが主流でしたが、制作現場のデジタル化に伴い、近年はコンピュータを使ったイラスト制作が求められるようになりました。

  • グラフィックデザイナー

    広告、パッケージ、CDジャケットなど、主に印刷物のデザインを行う仕事です。与えられた企画、テーマをもとに、文字やイラスト、写真などを駆使し、伝えたいメッセージをビジュアル化して表現します。ロゴマークや、キャラクターデザインなど、イラストレーションの技能が求められるシーンも多くあります。

  • 絵本作家

    平易で優しい言葉とともに、紙面いっぱいの絵で構成される「絵本」は、書籍の中でも特に絵の質を問われるジャンルです。絵本作家の役割は、絵と文の両方を手がけるケースと、絵の作成のみとに大別されますが、詩人や児童文学者が文を、絵本作家が絵画を担当するケースがほとんど。作家が書いたストーリーをもとにイメージを膨らませ、絵画に表現していきます。

  • コースの内容や授業の雰囲気を体験するなら
  • パンフレットでじっくりコースをチェックしたいなら
  • わからないことや不安をすぐに解消したいなら