手仕事に打ち込める2年間

ファッション雑貨やアクセサリーなど、手仕事での制作に必要不可欠な道具がそろうデザイン工房。プロが使う専門的な道具がずらりと並び、ものづくりに打ち込むことができます。

COURSE TOPICS

マイスターレッツ(ハンドメイド)コース

プロの手仕事を学べる

授業を担当する講師は全員、現役ものづくりのプロフェッショナル。一人ひとりの講師がそれぞれの「手仕事」を教え、プロとして活躍するための力をつけていきます。

マイスターレッツ(ハンドメイド)コース

シルバー・アクセサリー

アクセサリー

様々な素材をアクセサリーに

ハイブランドで主に使われている技法を使ったシルバーアクセサリー制作から手作りで加工するアクセサリーの制作まで学びます。表現基礎からデザイン画、作品制作まで、アクセサリーの制作に必要なスキルを2年間で修得し、アクセサリーデザイナーや制作、果てはオリジナルブランドやショップ運営に携わることをめざします。

バッグ・クラフト

バッグ・クラフト

素材を使い分けるクラフトマンを目指す。

革素材から帆布まで、さまざまな素材を活かした製作の基本的なスキルを身につけます。企業とのコラボや受託研究制作など、プロの技術者や企業の現場での実践的な授業も盛んで、クラフトマンになるためのすぐれた環境があります。

雑貨

雑貨

雑貨の、新しい価値を創造する。

古くからある日本の和小物や、北欧などから輸入されるカラフルな色合いの生活雑貨。現在の日本にはさまざまな国のデザインを取り込んだ、新しい価値観をもった商品が人気です。伝統の技術を学びながら、新しい可能性を探ります。

仕事の種類

ものをつくることを仕事にするには、大きく分けて3つの種類があります。

デザイナー

アクセサリーやバッグなどを自らデザインしたい、将来自分のお店を持ちたい、そんな方はデザイナーを目指します。トレンドやターゲットを考えながら、柔軟なデザインを考えることが必要です。

制作者

とにかくものづくりがしたい、京都の伝統的な仕事に就きたい、そんな方は製作の仕事を目指します。高い加工の技術やスケジュール管理はもちろんのこと、他の職人などとの協力関係も大切です。

販売員

雑貨や自分の好きなものに囲まれて仕事がしたい、バイヤーなどの買い付けの仕事がしたいという方は、販売の仕事を目指します。ものを見る目利きの力や修理などの技術が役に立ちます。

めざす職業

・バッグデザイナー
・アクセサリーデザイナー
・雑貨・小物デザイナー
・和雑貨職人
・雑貨販売
・アパレル販売
・レザーアーティスト
・工芸家 など

直営ショップ『obra』

直営ショップ『obra』

自分たちの作品を販売できるショップが学校の中にある。

オリジナルショップ「obra(オブラ)」は、学生自身が企画・運営を行うための京芸デ独自のショップです。
ここでは学生の制作した服や雑貨の販売の他に、デザインサークルの展示や企画カフェとしての運営まで、幅広く活用しています。

詳細はコチラ

  • コースの内容や授業の雰囲気を体験するなら
  • パンフレットでじっくりコースをチェックしたいなら
  • わからないことや不安をすぐに解消したいなら