アイデアを活かして広告や壁紙、パッケージなどをデザイン。

グラフィックデザイン専攻

ポスター・パッケージ・カタログ・スマホカバー・CDジャケット・ブックカバー・ロゴマークなど、平面を中心としたデザイン内容に取り組みます。依頼の聞き取りやマーケティングなど商業デザインの企画・立案に欠かせないアイデアを磨くことからスタートします。そこからレイアウトや文字組の基礎などグラフィックデザイナーに求められるスキルをトータルに養います。

同時に、デザインに欠かせないコンピュータ操作技術についても基礎から学習。初心者からのスタートでも、Illustrator・Photoshopなどのデザインソフトを自在に操り、デザイン業界で幅広く活躍できる実践力を身につけることができます。

グラフィックデザイン専攻

めざす職業

  • グラフィックデザイナー

    ポスターやダイレクトメール、カタログなどの印刷紙面上に展開されるデザイン全般を手がけます。文字・写真・イラストを同一紙面にまとめる立場であることから、コピーライターやカメラマンなど、他のスタッフとの共同作業も多くなります。紙面上を美しく彩るデザインセンスはもちろん、印刷に関する深い知識も求められる仕事です。

  • アートディレクター

    デザイン制作における責任者。クライアント(依頼主)と打ち合わせた内容に基づき、デザイナー・コピーライター・カメラマンなどのスタッフに制作の意図を伝え、指示を出しながらクライアントの要望にマッチする表現を考案して、作品を仕上げていきます。豊富な知識が問われることから、デザイナー経験を経たのちにアートディレクターになるケースがほとんどです。

  • 広告ディレクター

    まず、広告主の経営方針と広告制作目的を踏まえてテーマを立案し、コピー(言葉)主体で見せるのか、イラストを使用するのかといった表現方法を検討。のち、デザイナーやコピーライターなどの制作スタッフを選定し、イメージ通りの広告物を完成させていきます。ポスター、新聞や雑誌広告、パンフレットなど、扱う媒体は多彩です。

  • コースの内容や授業の雰囲気を体験するなら
  • パンフレットでじっくりコースをチェックしたいなら
  • わからないことや不安をすぐに解消したいなら