MAP&SPOT

瓜生山学園のキャンパスでまなぶ

瓜生山学園の広大なキャンパス。
施設を専門学校、大学、日本語学校で共用しており、画材店、ギャラリー、図書館、カフェ、学生食堂など、他の専門学校にはない充実度を誇ります。

SPOT 学園の施設と人気スポットを紹介
他の専門学校にはない充実度を誇ります。

  • ADストア

    学校施設内にある画材店。様々な画材からイラストソフトなどデジタルツールまでそろう。

  • 図書館

    約11万冊もの書籍をそろえ、映画やアニメのDVDなどのメディア資料も充実

  • 学生食堂

    建築家、隈研吾さんデザインの食堂。ボリューム満点でリーズナブルなメニューがたくさん。

  • カフェ

    ブレイクタイムに人気のカフェ。プロジェクトの打ち合わせなどにも使用する。

  • 大劇場(春秋座)

    観客席や花道などを設け、本格的な歌舞伎が上演できる劇場。特別授業や卒業式などもここで行われる。

  • ギャラリー(ギャラリ・オーブ)

    学生作品展や外部のプロの作品展など定期的に展示が行われている。

  • 映像ホール

    映像資料を使った授業や映画の鑑賞会など使用できるホール。

  • 体育館

    予約をすれば、誰でも使用できる体育館。主にサークル活動や学内イベントなどで使用。

SHOP オリジナルショップ obra(オブラ)
学生自身が企画・運営をおこなうための本校独自のショップ

特長 全て学生が企画・運営

すべて学生が企画を考え、テーマに応じて内装から商品、メニューまでを決定、運営しています。

  • イラストを使った
    ハロウィンカフェ

  • アパレルブランドとの
    コラボレーション企画

  • STUDIO4℃のキャラクターとコラボレーション

  • 脱力系キャラクターを
    デザイン

特長 全て学生が企画・運営

商品はすべて学生の作品や海外などで買い付けたもの。価格設定やディスプレイも自ら行います。

  • おでかけしたくなる
    トートバッグ

  • 「和」をイメージした
    ハンドメイド雑貨

  • 動物をモチーフにした
    手ぬぐい

  • パリ研修で買い付けた
    雑貨