就職内定までのストーリー

京芸デ生の入学前から就職活動、内定までのストーリーをインタビュー。 それぞれの目標や希望分野に合わせて、就職活動をしています。

インタビュー 湯浅大貴さん

湯浅大貴さん

滋賀・県立北大津高校出身
ビジュアルデザインコース グラフィックデザイン専攻

内定先

株式会社フィールド デザイナー(グラフィックデザイン・WEBデザイン)

内定までのストーリー

入学前 空間デザインやインテリアにも興味があった
1年生 グラフィックデザインの授業が最もおもしろいと感じる
同級生とデザインユニットを組み活動
2年生 合同企業説明会
書類選考・一次面接
ターニングポイント インターンシップ
選考中の会社へインターンシップへ行き、自分のことをよく知ってもらうことができた。
  二次面接
内 定

就職活動で印象に残っていることは?

いろんな人にアドバイスをいただきましたが、一番印象に残って、
一番助かったことは担任の先生のアドバイスで「いつもの自分らしく笑顔で行け」って言われたことです。

これからの目標は?

もっとたくさんのことを経験して、様々な仕事に携わりたい。そして楽しく生きたいです。

インタビュー 國友百合子さん

國友百合子さん

滋賀・県立長浜高校出身
インテリアデザインコース デザイン専攻

内定先

株式会社やわらぎ住宅
営業職(現地調査・間取りプラン作成・モデルハウス案内など)

内定までのストーリー

入学前 店舗デザインに興味があった
常に手を動かして、ものをつくることに楽しさを感じる。
1年生 就活スタート・就活サイトに登録
行きたい業界が定まらず焦りと不安。
2年生 インターンシップ
住宅企業にインターンシップに行ったことで、
店舗デザインから希望進路を変更
合同企業説明会・学内企業講演会
ターニングポイント 先生の紹介
担任の先生が何度も一緒に進路を考えてくれた。
  選考(筆記・面接)
笑顔と素直さを大切に、聞かれたことを自分の言葉で答えるようにした。
内 定

就職活動で印象に残っていることは?

自分の道を決定するとき、担任の先生が何度も一緒に考えてくれた。
「家から通える」をとるか、「本当にやりたい仕事ができる」をとるのかを聞かれ、再確認した。

これからの目標は?

家はその人にとって、人生で一番高い買い物だと思うので、お客さんの希望をたくさん聞いて、理想の家をつくりたいです。お客さんも自分も満足できる家をつくりたいです。

インタビュー 加藤百合菜さん

加藤百合菜さん

愛知・県立岩津高校出身
ファッション&ビューティコース ファッションデザイン専攻

内定先

modern antenna
着物デザイナー

内定までのストーリー

入学前 京都の文化や着物に興味があった
2年生 インターンシップ
担任の先生が買ってきた着物がきっかけ。素敵なデザインだなと思い、 インターンシップに行きたいと先生に相談すると、すぐに交渉してくれて行けることに。
ターニングポイント インターンシップ先にてアルバイト
社長から「明るくて真面目だ」という言葉をもらった。
  内 定

就職活動で印象に残っていることは?

先生や家族が個人で営業している会社でも私がやりたいことならそれが一番いいと理解のある言葉をくれました。

これからの目標は?

早く仕事を覚えて普段から着たいと思えるような着物のデザインを生み出したいです。

インタビュー 内藤祐実さん

内藤祐実さん

京都・京都美山高校出身
コミックイラストコース

内定先

Happy Elements株式会社
ゲームイラスト・デザイナー

内定までのストーリー

2年生 合同企業説明会
ゲーム会社の社員さんが描いたイラストが素敵だったことで、その会社に興味を持ちました。
ターニングポイント 説明会で興味を持った会社にてアルバイト
どんな仕事も楽しんでいた。絵を描くのが早かった。
  内 定

就職活動で印象に残っていることは?

就職活動をあまり意識できておらず、始めていなかった私を友達が怒ってくれたこと。 目が覚めたようでした。とても感謝しています。

これからの目標は?

会社のデザイナーの仕事とフリーランスのイラストレーターとしての仕事を両立できるようになれたらと思っています。