留学生のみなさまへ

京都で最も有名で唯一のトータルにデザインが学べる専門学校。プロから現場で通用するテクニックを学ぶ。

京都芸術デザイン専門学校の特徴 学ぶすべてが仕事につながる

現場で通用する即戦力を養うには実体験することが必要不可欠。本校は産業界全体とネットワークを築き、学生が日常的に現場と向き合える場所を豊富に設定しています。企業や公共の機関から直接仕事の依頼を受ける「受託研究制作」、デザイン関連企業で学生全員が研修を受けることが出来る「インターンシップ制度」、著名なデザイナーの講義が聞ける「トップクリエイター講座」など様々なコンテンツをご用意しています。
学ぶすべてが仕事につながる学校、それがKID(京都芸術デザイン専門学校)です。
また、隣接の京都造形芸術大学の設備・施設も自由に使用できるのも大きなメリットの一つ。大きなギャラリーや学生食堂、オープンカフェ、大劇場からデザイン用品のショップまで揃っているので充実した学生生活が過ごせます。

留学生奨学金制度 留学生に向けた奨学金サポートがあります。

本校では私費外国人留学生の経済的負担をできるだけ軽減し、留学の目的である
学業に専念できるように、本校独自の奨学金制度があります。

留学生の方ならお住まいが海外、日本国内問わず
奨学金30万円(年間)が給付される制度です。(2年間で最大60万円)

※この奨学金制度は給付型ですので返還の必要はありません。

進路選びに役立つ情報をチェック

学校の特徴

学園の紹介やクリエイティブの学び、企業との連携などについて紹介します。

学校の特徴

学科・コース

京芸デにはクリエイティブの様々なコースがあります。興味のあるコースを調べてみよう!

学科・コース

留学生特別相談会

奨学金制度や学校生活についてスタッフがくわしく説明します。

留学生特別相談会

資料請求をする

パンフレットや募集要項、願書などを請求します。じっくり見てみよう!

資料請求

募集要項・学校案内

留学生メッセージ

MESSAGE

留学生活を充実させるのは自分自身です。

江 昌昱

台湾出身

京都芸術デザイン専門学校(以下KID)ではインターンシップを通して、学生のうちから日本のデザイン事務所などの企業で働くことが出来ます。その中で業界の先輩から多くのアドバイスをもらうので、非常に成長をします。その他にもKIDは、京都造形芸術大学の併設校なので、図書館や食堂など様々な施設を共有しています。大学のサークルなどにも参加出来るので日本の留学生活をより充実したものにすることが出来ます。そのためには様々な人と出会って積極的に交流をすることが非常に重要です。私が考える日本へ留学をするときのポイントは「覚悟」と「決心」です。困った時は友達や先生が助けてくれます。自分で行動し、有意義な時間にしてください。

MESSAGE

日本が好き ! 京都が好き ! !

董 琬秀(トウ エンシュウ)

台湾出身

金 慧源(キム ヘゥオン)

韓国出身

京都芸術デザイン専門学校(以下KID)ではインターンシップを通して、学生のうちから日本のデザイン事務所などの企業で働くことが出来ます。その中で業界の先輩から多くのアドバイスをもらうので、非常に成長をします。その他にもKIDは、京都造形芸術大学の併設校なので、図書館や食堂など様々な施設を共有しています。大学のサークルなどにも参加出来るので日本の留学生活をより充実したものにすることが出来ます。そのためには様々な人と出会って積極的に交流をすることが非常に重要です。私が考える日本へ留学をするときのポイントは「覚悟」と「決心」です。困った時は友達や先生が助けてくれます。自分で行動し、有意義な時間にしてください。

MESSAGE

日本のデザインに憧れて、留学を決意。

ナンティチャー リーパッタナパン

タイ出身

日本のデザインにはタイで見ていてずっと憧れていました。そこで、私はまず京都芸術デザイン専門学校(以下KID)の併設校である日本語学校に留学を決めました。1年半、じっくりとまずは日本語を勉強してその後、KIDに入学。憧れだった日本のグラフィックデザインを専門に勉強を重ね日本で就職を決めました。これから留学をしようと考えている人は日本に来たらまず友達を作ってください。困ったときは友達が助けてくれます。先生も親切に教えてくれるので、積極的にコミュニケーションを取っていけばスムーズに勉強も出来ますし、なによりも楽しく過ごせます。

コースの内容や授業の雰囲気を体験するなら オープンキャンパス パンフレットでじっくりコースをチェックしたいなら 資料請求 わからないことや不安をすぐに解消したいなら お問合せ