留学生紹介(就職)

王 百民

自分の作風をさらに明確にし、自分のブランドを作りたいです。

王 百民
(おう ひゃくみん)

国籍:台湾
コース・専攻:ビジュアルデザインコース イラストレーション専攻
就職先:夢館

留学生インタビュー

日本への留学を決めた理由を教えてください。

台湾の高校と大学で芸術やデザインを勉強していました。そして、台湾の大学を卒業する前には「もうちょっと勉強したいなぁ!」と考えるようになりました。この分野の勉強は、国内だけではなく、世界中の良い作品や考え方などを学ぶべきだと思っていたこともあり、興味を持っていた日本でデザインや商品の品質管理などを勉強したいと考えました。また、台湾と日本の貿易は盛んなので、日本語が話せれば、将来帰国してからも就職のチャンスが多くなると考えたことも留学を決めた理由のひとつです。

高中和大學時期,雖然都是相關領域出身,但總覺得還需要更加精進,也覺得設計這領域,在學習上不應該只侷限於國內,所以決定來日本試試看!加上,本身對於日本的設計風格,商品品管等等都很感興趣,而且台灣與日本的貿易頻繁,多一種語言,對於歸國後就業也能更有競爭力。

京都芸術デザイン専門学校を選んだ理由を教えてください。

多くの日本の専門学校はキャンパスがなく、ビルが1つ建っているだけです。でも、京都芸術デザイン専門学校は京都造形芸術大学とキャンパスが合同で利用できるので、図書館や学内の画材店などの設備を一緒に使うことができます。また、キャンパス内ではよく芸術やデザインに関する展示、講座が開催されています。デザインを学んでいる人にとってはとても恵まれた環境です。

多數專門學校的校舍,僅只一棟大樓,是沒有校園的。但京都藝術設計專門學校因為是隸屬京都造形藝術大學,所以校園設備等等都可以共用,對於藝術、設計相關領域的人而言,學習環境與風氣亦深具影響,多接觸並觀摩別人的作品更是學習上相當重要的一環。此外,藝術大學常會舉辦一些業界設計師、藝術家講座、展覽等等,資源非常豐富。

京都芸術デザイン専門学校で
学びたい分野を選んだ理由を教えてください。

台湾の大学在学中に、自分はこれからビジュアルデザインを学ぶことを決意しました。日本に進学するときはもちろんビジュアルデザインコースを選びました。もともと手描きのイラストにも興味を持っていたため、グラフィックデザインと手描きのイラストを組み合わせるスタイルを自分の作風にすれば、もっと面白くなると思いました。なので、二年生からはイラスト専攻を選びました。

在台灣就讀大學時就清楚知道自己的未來的方向:平面設計,理所當然地選擇了視覺傳達科,由於自己對於手繪插畫也深感興趣,平面設計與手繪插畫的結合將會是個不錯的組合,二年級時專攻就選擇了插畫組。

京都芸術デザイン専門学校で
学んだことで忘れられないこと教えてください。

一年生の時に体験したインターンシップです。インターンシップでは日本の会社で働く経験をすることができます。仕事のやり方や会社の運営の仕方など、国や文化によって、やり方も違います。直接日本の企業様にインターンに行くことがそれらのことを理解するには一番速く、分かりやすい勉強方法だったとおもいます。また、インターンシップに行くことで、自分は足りない技術は何かを見つけることができました。

寒暑假參與日本企業的實習。不論是做事方式與內部管理風格等等,會因文化的不同或有差異,但透過實際至日本企業實習,可以最直接地學習與經驗!也可以從中知道自己的不足之處並加以改進。

京都芸術デザイン専門学校の就職サポートについてどうでしたか?

外国人にとって海外で就職することはかなり難しいことです。情報が少なく、就職の仕方もよくわかりません。しかし、専門学校は普通の大学とは異なり、就職に関して多くのサポートがあります。二年生からは、就職についての特別講座や、個別相談会、面接の練習、履歴書の修正などのサポートがありました、本当に助かりました。

對於外國人要在異地求職,本身就不是一件容易的事…但專門學校有別於大學,主要是以輔導學生未來能順利就職為主要方針(技術層面),學校在二年級開始會不斷提供相關就職資訊,也會舉辦個別協談諮詢,協助練習面試、修改履歷等等就業輔導活動。

就職先について教えてください。

就職先は着物を販売している呉服屋さんです。グラフィックデザイナーとして働きます。仕事の内容は、チラシのデザインや、ウェブのレイアウトデザイン、着物のパターンデザインなどをします。また、海外からの観光客をターゲットにしている会社のため、自分と同じような外国籍のスタッフがいるため、仕事について分からないことがあれば、聞ける環境であることに安心しています。

職位是和服公司裡的平面設計師。工作內容:負責公司各式平面設計(包含網頁排版)以及和服的圖案設計。公司主要的客源來自外國觀光客,所以工司裡也有很多海外員工,一樣來自海外的同事們可以互相照應,感到安心許多。

将来の目標を教えてください。

自分の作風をさらに明確にし、自分のブランドを作りたいです。

持續精進,使自己的作品風格更加明確,轉為商品後創立自己的品牌。

留学生メッセージ一覧へ

コースの内容や授業の雰囲気を体験するなら オープンキャンパス パンフレットでじっくりコースをチェックしたいなら 資料請求 わからないことや不安をすぐに解消したいなら お問合せ