インターンシップ internship

あなたが目指す業界を実際に体験して就職に活かす

あなたが目指す業界・企業で、2~3週間仕事を体験できるのがインターンシップ。
デザインスキルだけではなく、実際の現場の雰囲気やビジネスマナーまで学べるのが現場体験の強みです。
さらに認められれば、在学中のアルバイト契約やそのまま内定につながることがあります。

研修先を紹介イメージ

希望に合わせて研修先を紹介

広告やゲームなどの制作職からアパレル、和雑貨の販売職まで様々な分野の研修先を準備しています。

仕事を体験イメージ

目指す業界での仕事を体験

2~3週間の期間でじっくりと研修に参加するため、希望する業界の実際の仕事や環境が詳しく分かります。

内定イメージ

そのまま内定となる場合があります

これまでに多くの卒業生が研修での頑張りが認められ、就職内定をいただいています。

インターンシップ・プログラムの流れ

step1

インターンシップ事前学習

事前学習として、社会での礼儀やマナーなどをアドバイス

step2

研修先を京芸デが紹介

学生の希望する業界や立地、職種などの条件を担当やスタッフが聞き、その人に合ったインターンシップ先を紹介。

step3

希望する企業を訪問し、いよいよ研修がスタート

【メリット1】
現場で求められる技術や知識、足りない点を知ることができる。
【メリット2】
社会人として必要なマナーや業界でのルールなどを直接学ぶことができる。
【メリット3】
インターンでの頑張りが認められ、そのまま就職が決まることも!

インターンシップ経験者インタビュー

学生たちが経験してきた企業プロジェクトを紹介

森脇 健人さん
(京都・大江高校 出身)
ビジュアルデザインコース

森脇 健人さん写真
実際の仕事を見ると、自分に足りないことがわかる

2つのグラフィックデザイン制作会社でインターンシップに参加。主な仕事はデザイナーのサポートでしたが、一からのデザインも体験させてもらいました。プロの仕事を間近で見ていると、自分には何が足りないのかを学ぶことができます。これから意識していこうと思ったのは、自分が大切にしていることを、より大きな視点で捉え直すこと。そうすることで、今までは目につかなかったことまで意識できるようになると思います。

佐倉 由莉さん
(京都・北桑田高校 出身)
コミックイラストコース

佐倉 由莉さん写真
お客様の立場になって、宣伝用のパンフレットを制作

こだわりの本や雑貨を扱うお店で、宣伝用のパンフレットを制作しました。お客様の立場になって喜ばれそうな内容を考えながら、店員さんにインタビューしたり、店内の紹介したいポイントを探したり。「好き」という気持ちを大切にすることで、より魅力的な宣伝ができると実感しました。私の夢は、見た人が幸せになる絵を描くこと。今回、どんなものが喜ばれるかを考えながらものづくりをしたことで、その夢に一歩近づけたと感じています。

大門 和佳さん
(大阪・枚方津田高校 出身)
インテリアデザインコース

大門 和佳さん写真
舞台制作の現場で、人とのつながりの大切さを実感

住宅の設計士を目指していますが、映像や舞台の美術デザインと制作にも興味があったので、そうした仕事を手がけている企業のインターンシップに参加しました。体験したのは、主にCM撮影のための舞台や小道具の制作の手伝い。現場では、ひとつのプロジェクトでも多くの人が関わっていて、一人では成し遂げられないということを実感しました。今回の教訓を忘れず、将来設計士になったときにも、人とのつながりを大切にしたいと思います。

小西 茉友さん
(滋賀・八幡工業高校 出身)
マイスターレッツコース

小西 茉友さん写真
ものづくりの会社で知った「作品」と「商品」の違い

卒業生が多く採用されている会社なので、自分が学んだことを生かす仕事がどのようなものか知るチャンスだと思い、インターンシップに応募することに。がまぐちの縫製を中心に、商品制作の工程から出荷まで一通り体験することができました。とくに勉強になったのは、作品と商品の違いがわかったこと。こだわりが重要な一点ものに比べ、量産するときには正確かつ丁寧な作業をすることは大前提として、スピードも求められるのだと知りました。