ゲームイラストレーターになるには

2019.07.08 コミックイラストコース

ゲームを魅力的にするイラストレーションやキャラクターデザインに携わる

どんな仕事?

ゲームに登場するキャラクター等の絵を描く仕事。特にソーシャルゲーム(アプリゲーム)に使用されるイラストを描く仕事が多くあります。キャラクターだけでなく背景や小物(アイテム)、システムコマンド部分のイラストなど、描く絵の種類は多岐に渡ります。

ゲームイラストレーターになるには

デザイン系専門学校や芸術系大学でデッサンや構図、色の使い方などの基礎的な描画スキル、キャラクターデザインや魅力的なイラストの書き方などの知識を身につけます。実際の仕事では1枚の絵に対する高いクオリティが求められるので画力を鍛えることが重要です。

必要な資格やスキル

必要資格 とくになし。
必要スキル フォトショップやイラストレーターなどのデザインソフトのスキル、SAIやCLIP STUDIO PAINTなどの2Dイラストソフトのスキル、Mayaや3ds maxなどの3Dイラストソフトのスキル

ゲームイラストレーターになる道筋

デザイン系専門学校
芸術系大学

・ゲーム制作会社
・フリーランス

実際にゲームイラストレーターに聞いてみました。

イラストレーター 梅津さん

・現在の仕事内容
ソーシャルゲームのキャラクターのイラストレーター、アバターやUIデザイン等

・高校生のときの自分と、いまの仕事を目指したきっかけ
高校時代、専門学校の先生に将来の夢を聞かれ、自信を持ってイラストレーターになりたいとは言えなかった自分が言葉を濁しながら「イラストレーターになれたら嬉しいですけど…」と呟いたところ、あまりにも気軽に「イラストレーターなれるよー」と断言されて、なれるのかぁ。じゃあなろう!と決意しました。今思うとそれまで不安もたくさんあったはずなのに、すごく素直に決断していて衝撃です。笑

・仕事をする上でやりがいは?
今まで自分がやったことのないようなことに取り組め、様々な事を吸収できます。日々自分自身が成長していると実感できるので、とてもやりがいがあります。