挿絵作家になるには

2020.04.14 コミックイラストコース

イラストを使って読者を物語の世界に惹きつける

どんな仕事?

週刊誌や小説、ライトノベルなどの文章に合わせて挿絵のイラストを描く仕事。各出版社・編集部から小説原稿とともに挿絵の割り当てや挿絵のサイズなどの依頼をもらってイラストを描いていきます。挿絵画家という職業が完全に確立されているわけではないため、イラストレーターとして活動している中で、仕事のひとつとして挿絵を描く人が多いです。

ライトノベル挿絵作家になるには

デザイン系専門学校・芸術系大学のイラストレーションや日本画・洋画など、主に絵画の学科で、画力を向上させることと合わせて、小説のイメージに沿って様々な描画ソフトやペンタブレットなどのデジタルツールを扱う技術や、多彩なタッチを選択し表現していく力などが求められます。また挿絵の用途や目的も正しく理解する力も身に着けることが必要です。

必要な資格やスキル

必要資格 とくになし
必要スキル 最も大きいのは画力と、クライアントの要望や原作の雰囲気によってデジタルツールや表現方法を使い分けて描くスキル

ライトノベル挿絵作家になる道筋

デザイン系専門学校・芸術系大学

・各出版社の小説掲載本誌のイラスト募集、挿絵作家募集に応募
・デザインやアニメ、ゲーム業界で腕を磨いてから独立
など

こちらの記事もオススメ

挿絵作家のしごと