アパレルショップ販売員のしごと

2020.04.23 ファッションクリエイトコース

ひとりひとりに合った洋服、輝けるファッションを提案する

どんな仕事?

お客様の好みや要望に合わせて洋服を販売する仕事。ブランドによって販売する洋服の傾向や特徴があり、接客の際には自ブランドの良いところや扱い方を説明したり、提案したりすることもあります。また、接客の他に在庫の管理やお金の勘定、店内のディスプレイ全般を担っていきます。

アパレルショップ販売員の雇用の形態

大きく分けて百貨店やファッションビルに入っている全国チェーン店やテナント店と、個人経営のブティックやブランドショップなどの路面店の2パターンの働き方があります。アルバイト・契約社員・正社員と各会社によってさまざまな雇用形態がありますが、正社員として働く場合は各地方の自社ブランド店へ異動することもあります。

アパレルショップ販売員の働き方

接客の仕事が業務の多くを占めていますが、それ以外にも商品管理や検品作業、タグ付け、店舗レイアウトなど、細かな裏仕事も多く、さまざま業務をしならが働きます。また、百貨店やファッションビルに入っているテナント店と、ブランドショップなどの路面店では、挨拶の仕方や顧客対応などが少し変わります。路面店の方が各ブランドが決めたルール・オペレーションに則って仕事をするため、テナント店よりも高度な仕事が求められることもあります。

アパレルショップ販売員の給料

・月収:約17~34万円
 ※経験やマネーシャーや店長などのクラスによってアップしていきます。
 ※企業によって残業手当や交通手当などの付与のかたちも異なります。
・時給制の場合は約900円~1000円程度

仕事で関わることが多い人

・クライアント(お客様のこと)
・自社のマネージャー、営業、バイヤー
など

こちらの記事もオススメ

アパレルショップ販売員になるには