グラフィックデザイナーのしごと

2020.04.23 ビジュアルデザインコース

見えにくいものを見えるカタチにして伝える

どんな仕事?

パッケージや広告、書籍など幅広い印刷物のデザインに関わる仕事。商品の機能やイメージを写真やイラスト、文字などを用いて、例えば食品の味や音楽の雰囲気など目に見えにくいものを人に見えるカタチにして伝えるお仕事です。

グラフィックデザイナーの雇用の形態

印刷会社やデザイン事務所、広告代理店などに就職するパターンや、一般的な企業・出版社などの中にある広告宣伝部やデザイン部に就職するパターンがありますが、雇用形態は正社員・パート・アルバイトなど会社によって様々あります。フリーランスとして独立して仕事を受けていく場合もあります。

グラフィックデザイナーの働き方

実制作に入る前にクライアントとの打ち合わせで欲しいイメージを聞いたり、作ったものをクライアントに説明して、修正の指示などを受け反映したりを繰り返して働いていきます。企業によっては在宅ワークを採用していて、普段はメールや電話などでやり取りをし、定期的に会社に行って打ち合わせをする働き方もあります。
フリーランスの場合は営業から制作、納品、請求まで自分で行っていきます。

グラフィックデザイナーの給料

・月収:約18万〜38万円
 ※経験や受託数などによってアップしていきます。
 ※企業によって残業手当や交通手当などの付与のかたちも異なります。
・時給制の場合は約1,500円程度

仕事で関わることが多い人

・クライアント(お客様のこと)…企業の経営者や宣伝・広報担当、個人事業のオーナーなど
・アートディレクター・プロデューサー・プランナー
・フォトグラファーや商業カメラマン
・イラストレーター
・コピーライター
・印刷会社の営業職
など

こちらの記事もオススメ

グラフィックデザイナーになるには?