パッケージデザイナーになるには

2019.06.29 ビジュアルデザインコース

商品のイメージや特性をパッケージとして見えるカタチにする

どんな仕事?

さまざまな商品のパッケージをデザインする仕事。世の中の商品はすべてパッケージされており、食品や日用品など身近に購入するものもあれば、音楽やゲームなどデジタルメディアにおいても、商品のイメージや特性をより分かりやすく伝えるために重要な役割を持っています。

パッケージデザイナーになるには

デザイン系専門学校・芸術系大学のビジュアルデザインや情報デザインなど、主に平面デザインの学科でデザインソフトの使い方を学ぶとともに、伝えたい情報を伝えるための技術や発想力を身につけることが必要です。

必要な資格やスキル

必要資格 とくになし。
必要スキル フォトショップやイラストレーターなどのデザインソフトのスキル

パッケージデザイナーになる道筋

デザイン系専門学校・芸術系大学

・デザイン事務所 ・印刷会社
・広告代理店 ・メーカー
・小売店

実際にパッケージデザイナーに聞いてみました。

パッケージデザイナー 小南さん

・現在の仕事の内容
商品パッケージ、POP、広告のデザイン、店舗ディスプレイ設営、撮影など

・高校生のときの自分
高校生のときはすぐに就職するつもりでしたが、自分の好きなことを活かせる専門的な仕事に携わりたいと考えて、興味のあったデザインの専門学校に入りました。

・仕事をする上でやりがいは?
いまの仕事では季節によるデザインや歳時記など、京都の文化に触れながら商品のデザインがすることが多く、伝統や文化を重んじながら現在の流れを敏感に取り入れることを常に考えてデザインしています。老若男女様々なユーザーから愛される商品に携われることに仕事としての魅力を感じています。